アパートの一括借り上げ

アパートの一括借り上げとは、保有しているアパート全体を業者に一括で貸すことを指します。

業者は借り入れた物件で運用します。


賃料からは手数料が差し引かれて、オーナーの収入となります。
そのメリットはというと、全体として化しているために、空室には関係なく賃料を得られることです。

空室が発生したとしても、業者側はそれとは関係なく賃料収入を支払ってくれます。



ですから、空室リスクを抑えられる手法としては非常に優れたものだと言えるでしょう。


これだけを考えれば非常に優れたシステムで、オーナーとしてはぜひ利用したいと考えるかも知れません。

gooのニュースの情報も多数ご用意しました。

しかし、手数料が高いというデメリットはあります。

賃料収入の1割くらいは手数料として支払わなければなりませんから、その負担は大きいです。

また、トラブルが起こっているというのも事実です。



契約をきちんと確認しておけばトラブルは起こらないはずなのですから、きちんと理解しておかなければなりません。


例えば、機関が短い場合があります。

ローンの返済が終わるまで一括借り上げを利用しておけば安心だと思う人がいるかも知れませんが、契約によっては機関が数年しかない場合もあります。
収益が落ちてくれば、業者側から更新を拒否できるような契約になっていることもあるでしょう。

また、状況によっては家賃を下げなければならないこともあります。

このように不利な契約を結んでしまうこともありますから、アパートの一括借り上げの契約をするときには細心の注意が必要です。